居眠り運転と交通事故

自動車を運転する多くの人が一度は居眠り運転をしそうになったことがあるものです。
仕事が立て込んでいたり、友人と遊びすぎたり、といった寝不足が原因で運転中に眠たくなってしまうこと以外にも、運転中に睡魔に襲われる原因は存在します。
たとえば、平坦で信号がない、高速道路のような単調な道をひたすら走っている時や、食後お腹いっぱいの状態での運転など様々な場面で人は眠たくなってきて居眠り運転を起こしそうになります。

最近では、高速道路も走りやすくなりましたし、車の性能も上がりました。
さらにETCの時間割引が行われるようになったので、車で旅費の中でも交通費を安く済ませようと考える人が増えています。
運転する距離が長くなれば、それだけ交通事故のリスクは高まります。
特に夜間の長時間運転は、普段寝ている時間に走ることになりますから、居眠り運転を起こす可能性が高くなります。
居眠り運転は、事故の瞬間のとっさの判断行動が的確に行われないことが多いです。
眠った状態から目覚めてすぐに回避行動を取らなければならないのですが、判断能力が鈍っているためスピードを緩めたり、衝突を避けたりといった行動がうまくとれないのです。
場合によっては、居眠りをしたまま事故を起こすこともあるため事故の被害はとても大きなものになりやすいのです。
事故の規模が大きくなると、一瞬で何人もの命を奪ってしまったり、重度の障害を負わせてしまうこともあります。
そこで、ここでは居眠り運転によって引き起こされる交通事故の内容と、予防策について紹介します。

Copyright © 2014 居眠り運転は交通事故の原因 All Rights Reserved.